読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東雲信者と、その未来。-一年目 冬-

自分の好きなものをだらだら語るブログ 基本的に森橋ビンゴ先生作品について あと好きなゲーム漫画とか

「この恋と、その未来。 -二年目 秋冬-」 新刊情報(2016年5月9日時点)

遅くなりましたが、現時点での新刊情報を追記します。
以下新刊及び、既刊情報などのネタバレあり。



この恋と、その未来。 ―二年目 秋冬―
著:森橋ビンゴ イラスト:Nardak
定価(本体650円+税)
――だから未来、お前はただ去るだけで良かったんだ――
山城との一件で三好を傷つけ、未来の信頼も失ってしまった四郎は、父の誘いで京都を訪れた。そこで三並と西園から、未来とともに結婚式に招待され困惑する。しかし未来から真実を知らされ、以前と変わらず接してくれる和田と梵、そして広美のおかげで徐々に日常を取り戻していく。そんなある日、梵に望まない婚約者のことを相談された四郎は、未来の妙案で仲間達と団結し、彼女を助けるため文化祭で一芝居打つことにするのだが――。待望の、第五幕。

表紙情報が追加されました。
今回は紅葉をバックにした未来の姿が。

ー一年目 春ー  ⇒ 
ー一年目 夏秋ー ⇒ 枯葉(銀杏?)
ー一年目 冬ー  ⇒ 
ー二年目 春夏ー ⇒ 梅雨

と来て、今回は

ー二年目 秋冬ー ⇒ 紅葉

作内において、「三並英太」と「東雲侑子」の結婚式が大きなターニングポイントとなるのは間違いないけど、先が読めないこの作品。
特に、前の巻で未来と四郎の関係がこじれてしまっただけに二人が安易に参加するとは思えない。
今回の巻で話が一つの終着点への転機となるのは間違いないはず。

来るべき時に備えましょう。
次回の情報更新は発売1週間前を予定しております。
特典情報や考察などをまとめられればと思います。
それでは・・・