読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東雲信者と、その未来。-一年目 冬-

自分の好きなものをだらだら語るブログ 基本的に森橋ビンゴ先生作品について あと好きなゲーム漫画とか

俺達の「涼宮ハルヒ」

どーでもいいこと 涼宮ハルヒの憂鬱 涼宮ハルヒ

どうも東雲信者を名乗っている者です。

今回は「東雲侑子」シリーズや「この恋」シリーズとは違う話なのであしからず。

多分、この作品に影響を受けたオタクは非常に多いと思う。

それくらいこの作品の影響力って大きいと思う。

 

涼宮ハルヒ」シリーズ。

今でこそ、深夜アニメや漫画ラノベのオタク文化って一種のステータスみたいな風潮にある。

それこそ某スクールアイドルアニメとかラノベ原作のアニメ、声優が紅白に出場したり一般的に認知されるようになったのは当時のオタク達からは想像もつかない現実だと私は思う。

その先駆けとなった作品、それが「涼宮ハルヒの憂鬱」って作品。

 

もう10年も経つけど、あの作品に影響されてオタクの道に進んだ人間は相当多いと思う。

このブログ主もそんな数多くのオタクの一人であるしね。

それぐらい化け物コンテンツだった。

 

いわゆるアニメ作中での挿入歌、LIVEシーンの元祖作品だと個人的には思っているくらい。

(もちろん、この作品以前に存在した名作もたくさんあるだろうけど今回は割愛しておく。以降も似たようなことを述べるけど割愛)

キャラクターソングが本格的に売れるようになったのもこの作品の影響が大きいんじゃないかな?

これをきっかけに今では当たり前のメインキャラ及びサブキャラも含めたキャラソンが世に広く普及するようになった。

アニメ作品のファンを集めたキャラソンライブなるものが広く認知されるようになったのもこの作品。

 

多分深夜アニメが市民権得たのはこの作品の影響がかなり大きい。

Fate/stay night」、「らきすた」、「コードギアス~反逆のルルーシュ~」とかこの辺が私にとって青春と言える作品だけど、これらを見るようになった原点って「涼宮ハルヒ」なんだよね。

 

じゃあなんで今頃10年も前の作品の話をしてるかっていうと、

 

http://www.lantis.jp/haruhi_comp/

 

こういう情報が公開されたから。

これ聴いたら書かざるを得ないよね。

だって「涼宮ハルヒの憂鬱」は私にとって大事な作品だもの。

 

そんなこんなで思ったことを簡単にまとめてみた。

サントラは間違いなく買う。

少なくとも、かつて惹かれた世界に思いを馳せるのもたまには悪くないかもね。