読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東雲信者と、その未来。-一年目 冬-

自分の好きなものをだらだら語るブログ 基本的に森橋ビンゴ先生作品について あと好きなゲーム漫画とか

この恋と、その未来。 -二年目 春夏- 簡易感想(ネタバレなしVer)

半年程前の5/30に「この恋と、その未来。 -一年目 冬-」が発売したとき、自分は森橋ビンゴという男を甘く見ていたと思った。

そして今日発売の「二年目 春夏」。

自分はこんな予想を読む前に↓のような記事を書いた。

 

ntypeog3.hatenablog.com

 

さて読み終えた第一声だが、

「俺は森橋ビンゴを甘く見ていたようだ」(二度目)

 

予想をいい意味で裏切ってくれた。

いや予想していた部分が的中した部分もあるけど、それを上回る話の展開だったのよ。

ぜひとも多くの方に読んで頂きたい。そして、悶えて頂きたい。

今回の帯にはこういった作中での四郎の言葉が出てくる。

 

――ようやく、理解できた気がした。恋をしているのは、俺の、心なんだと――

 

この言葉の意味を知るとき、物語は大きく移り変わる。

衝撃の展開と二人の行く末を見逃すな!

「この恋と、その未来。 -二年目 春夏-」は本日10/30(金)、いよいよ発売。

アニメイトで買ってSSリーフレットを読んでから本編を読むことを強く推奨する。

読み終わったときにこの言葉の意味を読者は理解できると思う。

 

ネタバレ込みの記事は別で書こうと思います。

あと次巻の発売ですがこれまでのペース的には5ヶ月程度掛かっている事から、

本命:3/30(水)

次点:4/30(土)

大穴:2/29(月)

辺りですかね?続きが気になります。