読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東雲信者と、その未来。-一年目 冬-

自分の好きなものをだらだら語るブログ 基本的に森橋ビンゴ先生作品について あと好きなゲーム漫画とか

本当にラノベが好きな人間がやっていた本のお店「本の王国浜松西店」について思うこと

お久しぶりです東雲信者です。

最近ラノベ自体を読む機会が少なく、多忙で更新が遅れてしまいました。

申し訳ないです。

そんな私が急遽、記事を書こうと思った出来事がこちら

 

 

大事件である。

反響が思った以上に大きく、なんと100RT以上。

店舗を訪れたことのある書籍関係者やら本好きのみならず、作家の方々からもお声がかかるくらいの波紋が広がっているのが本日のハイライト。

 

こう言うと失礼なのかもしれないけども、一地方書店に勤める店員さんの退職だけでここまで反響があるのが極めて異例な出来事であることを私は強く言いたい。

それだけこの人がやってきたことがすごかったのかを改めて知ったね。

3回程足を運んだけど、この店のラノベコーナーのレイアウトは都市部のアニメショップクラス。

いや、熱意だけならそれ以上なのかもしれない。

一地方書店の一コーナーであるラノベコーナーのレベルじゃない。

 

私自身はSNS上での付き合いと、個人的付き合いで親交を深めていたんだが、

去年の5月にあった「この恋と、その未来。」打ち切り決定の一報をきっかけにして交流を深めて逢う機会をつくって頂いたのが去年の6月中旬。

初見の方と4時間近く喋り通し、意気投合して仲良くなったのがファーストコンタクト。

去年の冬コミで、Nardack先生に御挨拶の際にサインと名刺を預かり1月2日に会ったのが2度目。

その時も3時間近く喋り通すくらい熱量がすごいお方。

3度目は1月中旬に、持崎先生のサイン本キャンペーン翌日に友人と来店して少しだけ話したがあいも変わらずのコーナー展開だった。

そんな本当のラノベへの愛が籠った「本の王国浜松西店」も6月には居なくなってしまう。

あの人が作ったポップも、コーナーも先生方のサインも・・・

 

本好きなら一度目にして欲しい。

一個人が自分の好きをカタチにしたラノベコーナーを。

本好きなら一度話して欲しい。

あの人は薦めたら喜んで読んでくれるし、お薦め聴いたら喜んで教えてくれると思う。

作家も書店員も読者も、本に関わる人、本が好きな人。

そのすべてに一度寄って欲しい。

 

百聞は一見に如かず。

 

泣いても笑ってもあと96日。

あの人が遺した好きのカタチがカタチナイモノに変わる前に・・・

 

追伸:書店員さんも不在の日があるので来店の際にはアポを取るとよろしいかと思います。

本の王国浜松西店様の詳細情報は以下のURLから・・・

 

本の王国浜松西店 (@book_hama) | Twitter

 

イオンタウンが目印なので、比較的見つけやすいと思います。

静岡名物ハンバーグ屋「さわやか」も近くにあるので、さわやかにも寄れて本の王国浜松西店にも寄れて、富士山も見れます(ステマ)

ちなみに店員さんは甘いもの好きなので甘いお土産持って行ってあげると喜ぶ・・・かも・・・?