読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東雲信者と、その未来。-一年目 冬-

自分の好きなものをだらだら語るブログ 基本的に森橋ビンゴ先生作品について あと好きなゲーム漫画とか

この恋と、その未来。 -二年目 秋冬- を読み終えて(感想記事ネタバレあり) 中篇

この記事は先日、5月30日に発売された「この恋と、その未来。 -二年目 秋冬-」の感想記事です。

その為、本作品の及び既刊作品、特に前作「東雲侑子」シリーズの重大なネタバレが含まれております。

予めご了承くださいませ。

 

↓以下本編及びネタバレあり

 

かんれんきじ

 

ntypeog3.hatenablog.com

 

 

 

 

ー二年目 のあらすじ

 

▲ Page Top

この恋と、その未来。 ―二年目 秋冬―

著:森橋ビンゴ イラスト:Nardack

ISBN:978-4-04-734141-8 定価(本体650円+税)

――だから未来、お前はただ去るだけで良かったんだ――

山城との一件で三好を傷つけ、未来の信頼も失ってしまった四郎は、父の誘いで京都を訪れた。そこで三並と西園から、未来とともに結婚式に招待され困惑する。しかし未来から真実を知らされ、以前と変わらず接してくれる和田と梵、そして広美のおかげで徐々に日常を取り戻していく。そんなある日、梵に望まない婚約者のことを相談された四郎は、未来の妙案で仲間達と団結し、彼女を助けるため文化祭で一芝居打つことにするのだが――。待望の、第五幕。

 

前回は「東雲侑子」と「三並英太」関連の内容で思った以上に話が脱線してしまったので、真面目に本編の感想を書きます。

広島に帰ってからは、前巻で大きく関係が変化した広美さんとのやりとりから。

これは私の経験したことありますが、人間関係の亀裂というものを時間が解決するということは多々あります。

恋愛にしても、友情にしても、人間関係という全ての物事において時間が経過することで解決する。

あの時理解できなかったことが時間を経て理解できた、他人の気持ちを分かるようになった。

そういう経験を積むことで、人は一歩ずつ一歩ずつ大人になっていくのだなと感じております。

 

こじれてしまった関係は思った以上に修復が厳しいみたいで、

広美さん、和田ちゃん、沙耶ちゃん、そして未来。

これら四郎の周りを取り巻く人間関係が、新刊でも癒えていないみたいですね。

広美さんは大人だからおそらく大丈夫でしょう。

和田ちゃんと沙耶ちゃんに関しては、四郎の後ろめたさからくる罪悪感もあり厳しいかなと。

和田ちゃんはいい友達で居れそうだけど、沙耶に関しては多分再び付き合うことはないのかなと。

四郎の態度もそうだけど、沙耶ちゃんと四郎の二人がきちんと仲直りするなら卒業近くとかになりそう。

元カノと元彼みたいにいつかの同窓会で、二人が笑いあえる日が来ると良いなと願っております。

 

そんなこじれた人間関係に一石投じたのが我らが梵英心ことボンちゃん。

彼女とももっとこじれていると思いきや、彼女の積極的な行動によってデートが敢行されることに。

やっぱり女性に男性は勝てないなと改めて思いました。

恋する乙女は強いね本当。

内容は映画デート。

沙耶ちゃんとの対比を意図的に描いたのか、前巻ではホラーテイストの内容だったのが今回は恋愛映画。

どうしてもこの辺は前作「東雲侑子」シリーズのデートシーンを思い出したりしてしまうなどと、今作でも森橋先生は意図的にこういうシーンを入れたのかなと個人的には思います。

 

映画内容はとてもひどいもので、そのあとにボンちゃんの悩みに繋がる内容。

婚約者が出来て無理やり結婚させられるという現代では珍しいかな?

ここでボンちゃんが四郎にアプローチしたりと積極的なんだけど、残念ながら四郎君は坊さんになる未来はないみたいで見事にこの話は長続きせず。

四郎が花嫁を奪還する映画を父親に聞いたりするなど、映画繋がりで後々の展開の布石となるシーンですね。

ボンちゃんの縁談話から今年の文化祭話に移行したときに、前巻の女装喫茶の話が出てきたりと過去の話のオマージュという表現は安易かもしれませんが新刊では四郎が2度目の経験をする場面が多数見受けられます。

愛人とのやりとり、文化祭のくだり、ボンちゃんとのデート。

そして広美さんとの宮島デートなど。

これまで受け身だった四郎の行動が、新刊においては自主的になっているなど四郎の成長した部分がところどころ見受けられます。

だから、四郎の行動に男らしさという言い方はあれだけどなよなよした感じは減ってきたのかなと感じました。

 

さて、困ったことに気付いたら2000文字弱のこの記事。

本当にどうしたものか。

語りたいことが多いんだよ!

でもそれ書くと収まらないんだよ!

というわけでこの辺で一旦また区切ります。

書きたいことをすべて述べるのは大人のやることじゃないし、要点言えないのは本当に馬鹿としか言えないけど。

好きなもんは好きなんだよ!

それがこのブログを立ち上げたきっかけだしね。

そこはぶれないよ?

 

きれいにまとめるよう頑張ります。

それでは・・・