読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東雲信者と、その未来。-一年目 冬-

自分の好きなものをだらだら語るブログ 基本的に森橋ビンゴ先生作品について あと好きなゲーム漫画とか

さらば「ゲームBOX.Q2」 ありがとう「ゲームBOX.Q2」

久しぶりのブログである。

どうも東雲信者です。

すまんね感想をかくかく詐欺になりつつあるけど、またも感想とは別の記事なのだ。

ただ、この記事は前回のDMC以上に僕個人を大きく構成する大事なことだと思うからどうしても形にしておきたいと思ったのだ。

東雲信者になるきっかけともいえるし、そもそも僕個人がオタの道を進むきっかけになった根源ともいえる。

だから自己満足ではあるがこうやって記事にしておこうと思うのだ。

 

「ゲームBOX.Q2」という場所はご存じであろうか?

名古屋駅裏近くにあるゲームセンターで僕個人が長年通っているホームのゲーセンである。

レトロゲームの聖地と言われ、名古屋でも老舗と慕われる昔ながらのゲームセンターである。

その「ゲームBOX.Q2」が、この度2015年6月28日をもって閉店することになった。

 

僕とこの「ゲームBOX.Q2」の関係は切っても切れない縁で、もう10年以上の付き合いであり、その歴史は僕の中で中学生の時にまで遡る。

もともとは「トンガ王国」というゲーセンであったが、僕の中ではどこまでいっても「ゲームBOX.Q2」は「ゲームBOX.Q2」なのだ。

なんでこの記事を書いたかといえば、その長い付き合いとなるこの「ゲームBOX.Q2」との関係を少しでも形にしておきたいと思ったからである。

後々この記事に書くが、この「ゲームBOX.Q2」が無ければ、今の僕は無かったと断言できる。

それほどまでにこの場所は僕個人を形成するには大きな影響を与えているし、僕自身この場所で育ったという自覚がある。

ぱっと簡単にあげると、

 

・オタ生活全般

・ゲーセン全般

茅原実里

式神の城

・BORDERBREAK

・CODEOFJORKER

・DevilMayCry

・東雲侑子シリーズ

・この恋と、その未来。シリーズ

 

僕個人を大きく形成してるといえる要素が簡単にあげただけでもこれだけあるのだ。

そんな「ゲームBOX.Q2」とのこれまでをまとめておこうと思う。

 

・中学生時代

そもそも僕個人はあまりゲームセンターというものをガッツリやる人間ではなかった。

家近くにあるスーパーのコインゲームと50円でできる「メタルスラッグ2」と「マブカプ2」くらいしかやってなかった。

そんなときに同級生の影響で、少しずつゲームセンターのゲームをやり始める。

ただこの時はその子の家にアーケードから移植されたPS2版をやる程度でまだゲーセンには通ってもいなかった。

本格的に通うきっかけとなるのはその子が名古屋のアニメイトに地下鉄で行きたいと言ったのがきっかけで、僕がたまたま地元から地下鉄で行く方法を知っていたのでそれを教えてほしいというのが始まりで、この時に「ゲームBOX.Q2」という場所に出会う。

この時はまだゲーマーではなかった、ただこの時に知った「式神の城Ⅱ」が後々に大きな影響を自分に与える。

 

・中学~高校生時代

この時期ぐらいになるとよくではないにしろ名古屋駅に自転車で行くようになる。

地下鉄を使わずに行き、浮いたお金をアニメイトやゲーセンに投資するようになった。

この時先述した「式神の城Ⅱ」は家庭版があるにもかかわらず「ゲームBOX.Q2」は絶賛稼働中で、稼働している期間はちょくちょくやりに行ったのを記憶している。

しかし、下手横の僕には1コインクリアなど無理でそれでも楽しかった。

またこの時期に式神の城シリーズのライトノベルファミ通文庫で出ていることを知り、ラノベにも手を出し始めるようになる。

これが僕がラノベを読むようになったきっかけである。

また高校に進学したのとほぼ同時期に「ゲームBOX.Q2」から式神の城Ⅱが消える。

入学祝で念願のPS2を購入するとともに、式神の城Ⅱを購入しようやくエンディングをラノベ以外で知ることになる。

 

・高校1年生時代

この高校時代は個人的に黒歴史で、女子高に近い環境の高校に友達がいなかった僕は暇つぶしにゲーセンに通い中学の時の同級生とゲーセンに行く程度であった。

大きな転機は2年への進学を控えた2月末から3月頭、確か1年生の学年末テスト期間である。

そう、「式神の城Ⅲ」の全国稼働である。

STGの聖地と名高い「ゲームBOX.Q2」でももちろん稼働しており、稼働日がテスト中でもあったが、テストで午前授業を終えた僕はテスト勉強も放って「ゲームBOX.Q2」へ向かった。

稼働初日ということもあり何人かで他人のプレイを見ていたのを今でも覚えている。

式神の城はシリーズものということもあり、これを所見でプレイする人間はなかなかいないと個人的に当時思っていた。

そんな自分勝手な自論と稼働初日のハイテンションもあって、この時の待ち時間に他の待っているプレイヤーに話しかけた。

この時知り合ったプレイヤーがここ最近まで付き合いがあるからゲームセンターとは不思議な場所だなと今でも思う。

この時に知り合った人物は非常に世話になった。

この人とは式神の城Ⅲでコンビを組み、「ゲームBOX.Q2」から式神の城Ⅲが撤去される3年半近くコンビを組むことになった。

当時は、夕方に顔だすとたまにいる程度でいたときに頃合いを見て2人プレイに励んだものである。

アドレス交換してからは2週間に1度ペースで会い、

夕方集合→6時半まで式神の城Ⅲ→近くのどんどん庵で夕食→10時まで式神の城

というある意味不良染みたの生活をしていたのだ。

 

この人物の影響は大きく、

 

高校時代には、

DMC

・当時流行っていたアニメ全般

涼宮ハルヒ関係で茅原実里

 

大学時代には、

・BODERBREAK

茅原実里ライブ同行

 

ここに書いたらそれこそ収まりきらないくらい内容の濃い、僕が僕でいられた根幹たる毎日があった。

今の「ゲームBOX.Q2」での付き合いのある方々とは直接的ではないが、知り合うきっかけを与えた人物であると思っている。

 

「ゲームBOX.Q2」は僕にとって始まりの原点である。

「ゲームBOX.Q2」に出会わなければ僕は「ゲーセンゲーマー」にならず。

「ゲームBOX.Q2」に行かなければ僕は「式神の城」に出会わず。

「ゲームBOX.Q2」に通わなければ僕は「恩人」と知り合うこともなく。

「ゲームBOX.Q2」に「恩人」と行かなければ、僕は「東雲信者」になることもなかった。

「たられば」の話かもしれないけれども僕にとって「ゲームBOX.Q2」はかけがいのない場所なのだ。

そんな場所が今日で閉店してしまう。今日は仕事を終えたら閉店まで居たいと思う。

思い出話でもしながら「ゲームBOX.Q2」の最期を見送りたいと思う。

 

ありがとう「ゲームBOX.Q2」。

永久に「ゲームBOX.Q2」。

君に出会えてよかった・・・

 

あっ7月頭から「ゲームBOX.Q3」にリニューアルオープン予定です。

詳細は未定ですが「ゲームBOX.Q2」と大きく変わらないらしいです。

それでも慣れ親しんだ「ゲームBOX.Q2」が無くなるのはつらいね。

次回はきちんと感想書きますそれではさようなら。